ラスト・プレゼント

韓国
出演:イ・ヨンエ、イ・ジョンジェ
監督:オ・ギファン

実は、前半は前に見て、後半を今回見ました。
wow wowの録画なんですけど・・・。
新しくしたDVDレコーダーの調子が悪く、修理をお願いして、
録画しておいたの急いで見てしまわなければと修理当日みてたのですが、
あまりにも泣いてしまい、このままでは修理の人がきたときにすごい顔で迎えてしまうと、
途中でみるのやめました。
もちろん、修理で録画したものは消えてしまいそのままに。

こちらでもリメイクのドラマがという話も聞き、
そういえばと思ってみたのですが。

ストーリーは別として(やっぱり映画は途中で区切ってみてはいけない。)、
女優さんが素敵でした。
最近よく聞くけど、透明感のあるという女優さんだなぁと。
それってなに?うーん。

映画を泣かないでみることはほとんどできないので、
私にとって誰かとみるのは結構大変なことかな。
[PR]
# by snowy4snow | 2005-05-11 20:13 | 観た映画

もしかして、自分探しの旅?

正直に言うと、いわゆる、へこんでいたのかも。
思いつきで、就職活動をしてみたけど、結局というか、やっぱりというか、落ちました。
自分が悪いのはわかっているのだけれど、ついついウラミツラミをいいたくなる。
「こっちは、お金がないから仕事を探しているのに、
何度も何度も面接に行って、どれだけ交通費がかかったことかぁ!
どうせ落とすなら、最初の1回でおとしてくれぇ~!」

いやいや、自分が悪いのに、といえるまでここまで時間がかかったのかも。
お金も時間も使ったけど、相手だって何人も何人ものひとが仕事時間を割いたんだから。
どっちにとってももったいない、はず。

信念がないから、また悩んでしまう。
私の生きる道は?とか、生きがいは?とか一番大切なものは?とか。
う~ん。ホントにもういいかげんにしなくちゃあ、ね。
[PR]
# by snowy4snow | 2005-05-10 20:08 | 出来事

ここだけの話のここって?

何年かぶりに昔の先輩に会った。
いっぱいごちそうにって。「ごちそう様でした。」
同期のこが誘ってくれたから、私も一緒に同席できたという感じ。

そういえば、私にはよく会う人でもぜんぜん連絡をとることがなかったり、
連絡先すら知らない人が結構いるかも。
いまさらだけど、人生考え直したほうがいいかな、つきあい方、とか。
年賀状だけ豆に出して消息だけ詳しかったり。
やっぱり、生き方考えなおした方が。

ひさしぶりに会って、人々の今!を聞くのはもり上がる~
感心したり、驚いたり、ちょっとさびしくなったり。
せっかくのおいしい料理も上手に味わうこともせず。
まあ、飲みすぎなだけっていうのもあるけど。

ひさしぶりな人に会うと、記憶ってなんだって思う。
おぼえてることと、おぼえていてくれることにひどくギャップがあったり。
いやなことは忘れることにしている私としては、
いやいやそうでもなきゃこんないきてけません。

ひさしぶりの人に会うと、楽しい半面、なにかがひっかかる。
ん?後ろめたさなのか、後悔なのか?ん?
色でいうなら青から緑の間くらいの感情。
私の昔の生き方を問いただしてみたくなったり。
信頼してしゃべったことは、果たして言ってしまっていいことだったのかとか。

うーーーん。
今度会うのはいつなんだろうか。
うーーーーーん。
どうなんだ。
[PR]
# by snowy4snow | 2005-05-06 23:55 | 出来事

幸せに育つということ

弟のお嫁さんに、相談を受けた。
話しをきくと確かにそれはヒドイ!と結局弟の性格の問題だと思った。
性格というか、人柄というか、人間性というか・・・。
しかし、ウチは母も姉(私)も弟には弱い。
甘やかし、わがままにしてしまったのは家族の責任だと思う。
しかし、思っても結局は強くは言えない。
めんどうな結婚相手を選んでしまったあなたが悪い、と同情する、しかない。
と結局自分にも甘い・・・。
どうか、いいところを見つけて子供たちのためにもがんばっておくれ。
と遠い空から祈っているところだけど。

そんな話の中で、そうなんだろうかと、気になったことがあった。
「幸せに育ってきたんだなぁ。」と思うと、お嫁さんは弟を評したのである。
そういわれ、私も幸せに育ってきたのかなぁ、とふりかえる。
そういわれれば、そこそこ運よくいきてきたんだろうかぁ。
両親は仲が良かったし、お金に本当に困ったこともないし、困るような事件もないし。
いやいや、そんなことをふりかえりたかったのではなく。

お嫁さんは、苦労して育ったけどその分大変なことが降りかかっても前向きに頑張ろう!と私は思う、と話てくれて、それは人としての強さに違いないと思って。
思い出せば弟の昔の彼女は家庭的に苦労したときいたけれど、人にあたえる印象はポジティブにつきる人だったと思い、弟はそんな人が好きなのではないかと、ふと思ってみたり。

前向きに、ポジティブに生きていこう~
[PR]
# by snowy4snow | 2005-05-04 19:42 | 今日の気持ち

初恋 vol.1

ワニブックス
脚本 チョ・ヘソ
文 吉野万里子

韓国ドラマの「初恋」を小説化したもので、1、2、3というか上、中、下というか、の最初。
図書館で予約して借りました。
2月末に予約して4月中旬に届いたのだけど、借りにいけたのは4月末。
図書館のお姉さん2週間も保管してくれてスミマセン。私の後に待ってる方もスミマセン。

感想は、中、下も読みたいなぁ。
前にも他のお話(ドラマ)を借りたけど上で終わってしまい、その次のは予約を取り消してしまった中、これは予約数も少なかったり、ストーリーも好きだったりで頑張ってみたんだけど。
よかったかも。
人の気持ち(登場人物の)を言葉で表現してくれるのは、あ~ぁそんなもんかと思ったり。
結局、私は出世していくお話、好きだと思う。
[PR]
# by snowy4snow | 2005-05-03 20:24 | 読んだ本

東京湾の雪

東京湾といえば、私は屋形船かシンフォニーのナイトクルーズか、と思い出すのですが。
ふる雪をみながら、この雪は東京湾にふる雪だ、と。
毎日車で走っている道は東京湾沿いでした。
灯のないトンネルをくぐると海が見えて海に最も近い道にぶつかります。
釣り船屋さんを何件か通り過ぎ、坂を登ると寒い冬の日は富士山が見え、春には桜並木へと続き、そして、海岸通。
夜は坂を下りながら海岸通沿いのオレンジ色の光の道がまっすぐ伸びていて、全然にてはいないけど、国道5号線を走っていたことを思い出します。
闇と深いオレンジと家の光と。
たぶんこの道を通うのがあまり好きでなかったので、美しい景色もただの風景にしか見えていなかったのかな。
いつも、海が見えるところにいつづけたのがちょっと自慢だったけど、家から、もしくは学校から、通学の途中から、何れかの時も何れもの時も。
仕事をしている時にはそばに海や川はあっても見に行くことはなかなかできなくて。
サボって、遠回りして、じゃあないと。
水のそばに住みたかったんだと思います。月が見えるともっといいです。
[PR]
# by snowy4snow | 2005-03-04 20:29 | 今日の気持ち

スポーツクラブへ

スポーツクラブに入会。

前に通っていたのはもうずいぶん前で、その頃は家のすぐ裏にあって、でも、直行できる道はなかったので、ぐるっとまわっていってたけど。
でも、どんどん街に人が増えそれと一緒に会員もどんどん多くなり結構わなゃわなゃしてて。

で、今度は住むところも変わり、スポーツクラブも違うところに。
行く時間帯もちがうから、まわりの人々はかなり、ご高齢。で、びっくりすごくえらいなぁと。
つづくだろうか・・・。

そんなにつらくはないけれど、そんなに楽しくもない。
でもいっぱい汗をかいたあとの脱力感みたいなのはいいかも。
[PR]
# by snowy4snow | 2005-03-01 18:26 | 出来事

とりあえず

ブログをつくろう!と、いろいろ見てまわりながら、とりあえず、スタートしてみたところ。

いざとなると、なにをかいていいやら。やらやら。

さっき、アカデミー賞の発表が終わったようで、ディカプリオは主演男優賞をのがしてしまったよう・・・。という程度しか、よくわかってなかったんだけど。

ひきこもりにならないよう、がんばろうっと。

どうしても、この構図が傾いて見えるのは私の気持ちのせい?
[PR]
# by snowy4snow | 2005-02-28 13:50 | 今日の気持ち